So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

賭博力士「特定情報は公表できない」…相撲協会(読売新聞)

 11日の日本相撲協会広報部の記者会見内容は、次の通り。

 ――(賭博が)わかった経緯は。いつ自己申告があった

 陸奥部長(元大関霧島)「そういうのを聞いて、関わったことがあると自己申告してきた」

 ――(申告者の)名前は

 八角広報副部長(元横綱北勝海)「自発的に言ってきたことでもあり、特定される情報は公表できない」

 ――警察への連絡や処分は

 八角「これからですね。自分から言ってきたわけですから。理事会で何か処分はする。現時点で処分はない。(申告は)師匠を通して言ってきた」

 陸奥「これからこういうことがあれば、協会として重い処分を与える」

 八角「今までは悪しき伝統があった。巡業の支度部屋で花札をするとか」

 ――今後の調査は

 八角「生活指導部特別委員会でやっていく」

 ――暴力団は背後に

 協会弁護士「今回の問題は、賭博をやりやすい風土の中で自己申告があったということ。賭博に関してはこうした対応をする。暴力団とのつながりがあれば、厳しい態度で別の角度から処分を検討する」

 ――公表できないのか

 陸奥「(力士の)将来のこともありますし、個人情報なので公表できない。今までは甘い部分があった。こういうことが今後あった場合は、それなりの厳しい処分をする」

 ――違法性があった場合は警察に通報するのか

 八角「もちろん通報する。何回も講習会をやっていくことが再発防止につながると思う」

 陸奥「過去に何があったかではなく、これからこういうことがないように、頑張っていきたい」

「恩返ししたい」 大分・中津江村の人々がカメルーンを応援(産経新聞)
【社説検証】菅内閣発足 国家戦略を求めた産・読 小沢氏の責任追及に濃淡(産経新聞)
<官房機密費>鳩山前内閣2カ月間で3億円(毎日新聞)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)
30分前に不審男目撃 東大阪の中古車店長切りつけ事件(産経新聞)



突然の内々定取り消し、会社に賠償命令(読売新聞)

 福岡県内の大学を昨年3月に卒業した20歳代の男女2人が、福岡市中央区の不動産会社「コーセーアールイー」から就職の内々定を一方的に取り消されたとして、同社に損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、福岡地裁であった。

 岩木宰(おさむ)裁判長は「被告の対応は労働契約を結ぶ過程での信義則に反し、不法行為にあたる」として、会社に対して男性に85万円、女性に110万円を支払うよう命じた。原告側代理人によると、内々定取り消しを違法と認め、損害賠償を命じた判決は全国初という。

 判決によると、女性は2008年5月、男性は同7月に内々定の通知を受けた。しかし、同10月の内定式の2日前、会社は経営悪化を理由に2人の内々定を取り消した。

 会社側は「世界規模の不況で、人員削減は仕方なかった」と主張したが、岩木裁判長は「具体的な説明もないまま突然に内々定を取り消しており、誠実な態度とは言い難い。被告は採用への信頼を損ねたことについて、賠償する責任がある」と判断した。

 2人は昨年1、2月、解決金を求めて福岡地裁に労働審判を申し立てた。地裁は会社が男性に75万円、女性に100万円の解決金を支払うよう命じたが、会社側が地裁に異議を申し立てたため、男性が約115万円、女性が約380万円の損害賠償を求めて民事訴訟に移行していた。

 同社は「今後の対応は弁護士と協議したい」としている。

「頭越しだ」沖縄県知事が日米共同声明に不快感(産経新聞)
<囲碁>本因坊七番勝負第2局 山下、手厚い封じ手(毎日新聞)
福祉用具相談員の実力テスト、11月に7都市で実施(医療介護CBニュース)
普天間で4日に首相質疑=与党と社民が一致(時事通信)
メガネなしで3D体感 「技研公開2010」(産経新聞)



複製DVDを無許可販売で福井新聞記者を逮捕 福井県警(産経新聞)

 福井県警は22日、市販のDVDを無断で複製し販売したとして、著作権法違反(侵害行為)の疑いで同県越前市文室町、福井新聞社文化生活部記者、堀一尋容疑者(36)を逮捕、自宅や同社本社など関係先を捜索し、パソコンや複製DVDなど約50枚を押収した。県警によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年2〜10月、脳科学者の講演などを収めた8作品の複製DVDなど計23枚を無許可で販売し、東京都の制作会社2社の著作権を侵害したとしている。

 県警によると、堀容疑者は会社や自宅のパソコンを使ってインターネットオークションサイトで購入者を募り、福岡や石川、東京など4都県の男性5人に1作品3千〜9千円(定価約2万〜14万円)で販売、計6万円を得たという。2社が昨年、県警に告訴していた。

 福井新聞社の青山直弘総務局長の話 「誠に遺憾で、報道機関として重く受け止めている。今後、事実関係を確認し厳正に対処する」

【関連記事】
「ゲームセンターCX」DVD 複製・販売で逮捕
Wiiの海賊版ソフトを販売 本体も海賊版仕様に改造
「仮面ライダーキバ」マスクをネットで無断販売、1千万円稼ぐ 容疑の男逮捕
「アバター」海賊版DVD販売で男を逮捕
映画違法配信疑いで逮捕、「P2P観測システム」使い全国初

マージャン参加させ恐喝=中学生5人から40万か―容疑で16歳少年逮捕・警視庁(時事通信)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
くらたま、夫の元妻から訴えられた!(スポーツ報知)
国道側溝に切断された両足=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
マルチ商法 「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)



民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟−東京地裁(時事通信)

 裏金要求疑惑を報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の山岡賢次国対委員長(67)が発行元の新潮社(東京新宿区)などに1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、山岡氏側が請求を放棄し、東京地裁(大段亨裁判官)での裁判が終結したことが12日分かった。
 請求放棄は、民事裁判に訴えた理由がないことを原告が自ら認める手続き。大段裁判官は10日、山岡氏側の申し立てを認めた。
 訴状によると、週刊新潮2009年3月12日号は「『裏金要求』を告発された『山岡賢次』国対委員長」との記事を掲載。「選挙応援の見返りに費用の支払いを求められた」という栃木県真岡市長(当時)の証言を報じるなどした。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

「黒澤明記念館」建設を事実上断念(読売新聞)
「問題は感じていたが…」 “井手商店”を引き継いだJR西元社長の反省の弁(産経新聞)
<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
各地で真夏日、岐阜・飛騨市では32・3度(読売新聞)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】弱み抱える民・自…比例は混沌(産経新聞)



首相動静(4月20日)(時事通信)

 午前5時50分から同6時41分まで松野頼久官房副長官。同7時3分、松井孝治官房副長官が入った。
 午前7時42分、松井氏が出た。
 午前7時51分、公邸発。「きょう、普天間問題に関する関係閣僚会議を開催するという報道があるが」に「何もまだ決めていません」。同53分、国会着。同54分、院内大臣室へ。同8時2分、中期的な財政運営に関する閣僚委員会開始。
 午前8時34分、同委員会終了。同37分、閣議開始。
 午前8時53分、閣議終了。同55分、院内大臣室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前9時18分、岡田克也外相、藪中三十二外務事務次官が入った。
 午前9時53分、岡田、藪中両氏が出た。
 午前10時10分、執務室を出て南会議室へ。同11分から同35分まで、オマーンのマッキ国家経済相らが表敬。同36分、同室を出て官邸玄関でマッキ氏を見送り。同38分、執務室へ。
 午前11時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同27分まで、日本国際賞受賞者の岩崎俊一東北大名誉教授らが表敬。同28分、同室を出て執務室へ。
 午後0時8分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時35分、同室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。
 午後3時55分、衆院本会議散会。同56分、衆院本会議場を出て、同57分、国会発。同59分、官邸着。同4時、執務室へ。
 午後4時35分から同57分まで、枝野幸男行政刷新担当相、加藤秀樹行政刷新会議事務局長。同59分、執務室を出て大会議室へ。同5時、行政刷新会議開始。
 午後5時48分、同会議終了。同49分、同室を出て執務室へ。
 午後5時50分から同6時24分まで、イシャエフ・ロシア極東連邦管区大統領全権代表。谷崎泰明外務省欧州局長同席。
 午後6時34分、執務室を出て小ホールへ。同35分から同41分まで、報道各社のインタビュー。「普天間問題に関する関係閣僚会議はいつまでに開くか」に「まだ開く段階ではないが開く環境になれば開きます」。同42分、小ホールを出て執務室へ。
 午後6時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同7時6分、東京赤坂の日本料理店「祢保希」着。民主党の輿石東参院議員会長、簗瀬進参院予算委員長、大畠章宏衆院国家基本政策委員長と食事。
 午後9時8分、同所発。同14分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

<年金記録>9月以降、29カ所で照合 計画概要明らかに(毎日新聞)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
シバザクラ、まるでピンクのじゅうたん(読売新聞)
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など(医療介護CBニュース)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)



死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)

 春の交通安全運動期間中(6〜15日)の交通事故死者数は前年同期より12人少ない96人(11.1%減)だったことが16日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた1954年以降、春と秋を通じて最も少なく、初めて100人を切った。
 期間中の事故件数は1万9875件(5.2%減)。このうち飲酒運転による事故は89件(38.2%減)と大幅に減少した。負傷者数は2万4366人(6.1%減)だった。
 死亡事故を年齢別でみると、65歳以上が50人で、全体の約半数を占めた。 

【関連ニュース
飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕
飲酒運転違反者講習実施へ=カウンセリングや依存度テストも
陸自隊員が飲酒当て逃げ=道交法違反容疑で逮捕
警視庁警部補を逮捕=女性衣類の窃盗未遂容疑

東大並み難関大、61歳おばちゃん入学 英語漬け「留学も挑戦」(産経新聞)
21日に党首討論(時事通信)
電線カルテル疑惑、十数社立ち入り…公取委(読売新聞)
北教組幹部、起訴内容認める方針=小林氏陣営への違法献金事件(時事通信)
3億3000万円求め提訴=富士通3役員に投資会社−社長解任劇で(時事通信)



新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化−安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)

 ヒトの皮膚や骨髄から、神経や筋肉、肝臓などの多様な細胞に変わる幹(かん)細胞を効率的に抽出し、増殖させる技術を開発したと、東北大の出沢真理教授や京都大の藤吉好則教授らが19日発表した。「Muse(ミューズ)細胞」と名付けられたこの幹細胞は、マウスへの移植実験では損傷を受けた部分を修復する働きがあり、腫瘍(しゅよう)はできなかったという。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 山中伸弥京大教授らが皮膚などの細胞に数種類の遺伝子を導入する方法で開発した新型万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」は、移植後に腫瘍ができる危険性がある。ミューズ細胞の技術が確立され、安全性が十分確認されれば、再生医療を実現する上で、iPS細胞と並ぶ有力手段になると期待される。
 ヒトの骨髄に、骨や筋肉などに変わる「間葉系幹細胞」があることは以前から知られ、国内外で再生医療応用に向けた研究が進められている。しかし、増殖させたり、目的の細胞に変えたりすることが容易ではなかった。
 出沢教授らは、皮膚や骨髄の細胞にたんぱく質分解酵素を加えて数日間置くと、生き残る細胞があることを発見した。この細胞を培養液に浮かべた状態で培養すると、細胞の固まりを形成。次にゼラチン上で培養すると、神経や筋肉、肝臓など、iPS細胞並みに多様な細胞に変わった。これらの操作を繰り返し、増殖させることもできたという。 

【関連ニュース
〔写真特集〕ミクロの世界
若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も

【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
マンション通路で男性死亡=腹部などに刺し傷、外国人か−三重県警(時事通信)
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感(産経新聞)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)



<ダイキン工業>空気清浄機87万台回収 発火8件(毎日新聞)

 ダイキン工業は9日、ほこりを集める部品の欠陥で発火事故が起きたとして、家庭用空気清浄機87万台(うち海外4万台)のリコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。08年8月から今年2月までに8件の発火事故があり、煙を吸った1人が検査入院した。

 対象商品は「光クリエール」▽「うるおい光クリエール(加湿機能付き)」▽「クリアフォース(除加湿機能付き)」の3機種。06年8月から09年7月までに製造した全84万台と、09年8月から10年1月22日まで製造した3万台。国内で49機種83万台、海外で9機種4万台を販売した。

 事故は昨年1月、東京都青梅市の住宅で空気清浄機1台が発火し、床1平方メートルを焦がした。昨年9月に佐賀県有田町の特別養護老人ホームで、加湿空気清浄機が発火。入居者1人が煙を吸い、検査入院した。このほか、製品だけ燃えた事故が6件あった。

 空気清浄機内でほこりを集める部品の構造に問題があり、長期間使用すると、可燃性のフィルターが発火するという。同社は放電線にフィルターが触れないように覆うなどの対応策をとる。リコールにかかる費用は約45億円。

 機種名は製品の右側面か背面に記されている。問い合わせはフリーダイヤル0120・330・696で、24時間対応する。

 事故発生からリコールまで1年半以上かかったことについて、岡田慎也執行役員は「原因の特定に時間がかかった」と釈明した。【青木勝彦】

【関連ニュース
花粉の季節始まる 空気清浄機が上位に
ダイキン工業(6367)はGS証券の「買い」継続に好反応 「12年3月期へ向けて収益改善確度を織り込む余地有り」

海洋堂が原型「せんとくんフィギュア」平城遷都1300年(産経新聞)
東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)
誤ってアクセル踏み込む? =立体駐車場の車転落事故−大阪(時事通信)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)



<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)

 東京消防庁は7日、今年3月に東京都中野区の路上を走行中の乗用車内で、生後11カ月の女児がパワーウインドーに右手の小指をはさんで切断する事故があったと発表した。乳幼児が負傷する事故は05年以降、同庁管内だけで9件あり、同庁は「子どもが一緒に乗っている時は、安全を目で確認してほしい」と注意を呼びかけている。

 同庁によると、3月22日午後9時20分ごろ、中野区本町の青梅街道を走行中の車内で、母親が後部座席のパワーウインドーを閉めた際、女児の右手小指がはさまっているのに気づかず、指を切断したという。

 都内では05年4月〜09年12月に8人(1〜7歳)がパワーウインドーの事故で病院に搬送された。07年9月、1歳の女児が指を切断、昨年9月には4歳の男児が首を挟まれ重傷を負った。【神澤龍二】

強風か、桜の木倒れる=けが人なし−東京・上野公園(時事通信)
<普天間問題>鳩山首相、米大統領に直接説明する意向(毎日新聞)
シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、会長選巡り脅迫?(読売新聞)
普天間、市内移設阻止へ「体で行動」…名護市長(読売新聞)



首相、中井氏の問題、「二度とこのようなことがないよう」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日の党首討論で、中井洽(ひろし)国家公安委員長が警護官(SP)を連れずに知人女性と飲食店などを訪れていたと「週刊新潮」で報じられたことについて、「SPをつれていなかったことは、十分な配慮がなかったとは思うが、ある種、何らかの自由があったのではないか。本人も大いに反省しているので、二度とこのようなことがないようにいたさせる」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」
中井公安委員長、薄い危機意識 「国民に不安」 
女性問題の中井氏「路上でキスは一回もない」
中井氏の女性問題 直嶋経産相が不祥事嘆く
議員宿舎はラブホ!?人妻や不倫ではないけど…
あれから、15年 地下鉄サリン事件

無資格で会社分割を提案 弁護士法違反の疑いで、コンサル会社など家宅捜索(産経新聞)
<アフガニスタン>不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡(時事通信)
未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議(医療介護CBニュース)
大イチョウから無数の芽=「大切にしたい」−鶴岡八幡宮(時事通信)



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。